時期

そろそろ老人ホームを探そうかねぇ。

祖父から、そんな言葉を耳にしました。
祖父は今年七十七歳とはとても思えないくらい元気で、まだ介護も必要ではなく、もちろん意識もしっかりしています。
でも最近、ちょっと足腰が弱くなってきたようで、家の二階に上がるときや、降りるときなんかに難儀しています。
私が家にいるときには、手を貸すこともできるのですが、基本的に昼間は仕事で外に出かけているので、一日中、常にそばにいられるというわけではありません。

今は元気でも、やがて介護が必要になったときのことを考えると、二十四時間見ていられるわけではない自宅介護では不安があります。
有料老人ホームなら、中には二十四時間、スタッフが常駐してくれているところもあるので、自宅にいるよりも却って安心かも知れません。

それに、自宅で一人きりの祖父は、やはり寂しいのだと思います。
有料老人ホームに入れば、同じ施設に入居している方同士で、友達付き合いもできるでしょう。

夫を交えて、祖父の有料老人ホーム探しを始めることにしました。

実を言えばそれまで、私が有料老人ホームについて知っていることは、それほど多くはありませんでした。
ただ、介護が必要になったときに、自分たちで面倒を見ることが難しくなったときに利用することになるだろう、と漠然と考えていただけだったのです。

祖父が自ら口にしなければ、この先何年も、話題にのぼることはなかったでしょう。
有料老人ホームの選び方や、入居に必要な諸条件などを、必要になってから調べ始めるのでは、遅いのかも知れません。

このエントリーをはてなブックマークに追加